2010年04月24日

被害者給付12億7700万円=制度改正後、大幅増額−警察庁(時事通信)

 犯罪被害者や遺族に国が支給する犯罪被害者給付制度で、2009年度は538人に12億7700万円が給付裁定されたことが22日、警察庁のまとめでわかった。
 制度は08年7月に改正され、被害者が家計を支えるなどしていた場合の遺族給付が最大2倍に引き上げられた。しかし、09年度の遺族給付には制度改正前の被害者への裁定も含まれ、改正後の給付額とは大幅に開きが出た。
 09年度の遺族給付裁定は205件で、制度改正前の遺族への給付額が平均378.9万円(123件)だったのに対し、改正後は平均634万円(82件)。最高裁定額は1902万円だった。 

30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議(読売新聞)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
「主幹教諭」増員ゼロ 民主政権下 組合の影響拡大も(産経新聞)
東武東上線、運転見合わせ ときわ台駅で飛び込み(産経新聞)
posted by 代田の店長 at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。