2010年03月08日

<選択的夫婦別姓>導入求めて400人が集会 都内(毎日新聞)

 選択的夫婦別姓を導入する民法改正を求める集会が3日、東京・永田町で開かれた。市民団体や学者ら約400人が集まった。

 集会には与野党の国会議員も出席。民主党の小宮山洋子衆院議員は「民法改正は私が議員になった目的の一つ。このタイミングで成立させたい」と述べ、公明党の浜四津敏子代表代行も「全力を挙げて後押しする」と話した。

 一方、反対派の団体も国会内で集会を開き、自民党国会議員らが参加。「家族のきずなを守る」として民法改正反対を訴えた。

【関連ニュース】
国民新:「保守」強調 夫婦別姓、外国人選挙権に「反対」
選択的夫婦別姓:法務省が改正案概要 法相「覚悟決める」
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」
亀井静香氏:「夫婦別姓」にも反対表明
亀井金融相:夫婦別姓など2法案に反対

いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着(産経新聞)
ひき逃げで46歳男を逮捕=高2男子死亡−岐阜県警(時事通信)
PS3の一部機種に障害、使用自粛呼びかけ(読売新聞)
「変な女に金貸して困ってる」鳥取不審死被害者(読売新聞)
<日本兵情報>厚労相が全面公表へ 太平洋戦争戦死・不明者(毎日新聞)
posted by 代田の店長 at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

職員への給与支払い命じる=阿久根市の懲戒免職問題−鹿児島地裁(時事通信)

 鹿児島県阿久根市(竹原信一市長)で懲戒免職処分を受けた男性職員(45)が、裁判所が処分の効力を停止したことを受け、給与などの支払いを求めた仮執行申請に対する判決が3日、鹿児島地裁であり、牧賢二裁判官は未払い分の給与と一時金計約180万円の支払いを命じ、仮執行を認めた。
 職員は懲戒免職処分の取り消しを求める訴訟を起こしており、同訴訟の判決確定までの給与と一時金についても支払いを命じた。
 職員は昨年7月、竹原市長の意向で掲示された職員給与総額の張り紙をはがしたとして、懲戒免職処分を受けた。地裁は職員の申し立てを受け、同10月に処分の効力停止を決定していた。 

【関連ニュース】
海上保安官を懲戒免職=給食費など280万円着服
セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円

<国会>自民、苦肉の審議復帰 民主「政治とカネ」置き去り(毎日新聞)
<訃報>竹内美知子さん84歳=京都女子大名誉教授(毎日新聞)
自民に審議復帰の動き=予算組み替え動議を検討(時事通信)
<児童ポルノ>警察庁が被害者への支援研修会(毎日新聞)
元ホスト、殺意否認=3キロ引きずり死初公判−大阪地裁(時事通信)
posted by 代田の店長 at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

トムラウシ山遭難事故の生存者招きシンポ(産経新聞)

 北海道・大雪山系のトムラウシ山(2141メートル)で昨年7月、ツアー登山参加者とガイド計8人が死亡した遭難事故に関するシンポジウムが27日、神戸市灘区で開かれた。事故をめぐって公開の場で討論が行われたのは初めて。事故の生存者や山岳団体などをパネリストに約200人の参加者を交えて討議が行われたが、会場からは、ツアー会社やガイドの姿勢などに疑問の声が多く上がった。

 シンポジウムでは、生還した愛知県在住の戸田新介さん(66)が当時の状況を報告。「ツアー登山は客同士も初対面でコミュニケーションが難しい。ガイドの判断がすべてだが自分の命は自分で守らないといけない。今思えば、亡くなった方は(調子が悪いとか)何も言わなかったんだな、と思う」と振り返った。

 続いて事故原因の検討と再発防止を観点に、ツアー会社とガイドなどの問題点や改善策を討議。事故では夏山で短時間に8人もの人が低体温症で死亡したことが注目されたが、船木上総・苫小牧東病院副院長は事故当日、出発から約3時間後に、すでに足下がふらついていた人がいたことを挙げて「この時点で低体温症にかかっていた」と指摘、対応の遅れが凍死につながったと指摘した。

 会場からはガイドの判断に関する疑問の声が多く、山岳ツアー会社「アルパインツアーサービス」の黒川恵社長は「本格的に登山をやった人が設立したツアー会社は国内にわずか数社しかない」と話し、磯野剛太・日本山岳ガイド協会理事長も「きちんと研修を受けたレベルのガイドは650人程度なのに、ツアーや学校登山、市民団体などの引率者を含めると5000人ぐらいがガイド業をしている」と実態を紹介。また「業界、ガイドのあり方も検討しなければならない」と述べ、新しい取り組みの必要性を強調した。

 事故は東京のツアー会社が企画。55〜69歳の15人をガイド3人が引率し、2泊3日で40数キロを縦走する計画だったが、暴風雨に見舞われた最終日、客7人とガイド1人が凍死した。

【関連記事】
「出発−6人のアーティストによる旅」東京都写真美術館
3人死亡し3人不明 年末年始の山
北・南アルプスで相次ぐ遭難 年末から「悪天」警告も、捜索も難航 
片山さんら3人遭難−危険な冬の富士登山
ツアー会社社長が引責辞任 トムラウシ山遭難事故

電子書籍普及へルール作り、流通や著作権研究へ(読売新聞)
首相動静(3月2日)(時事通信)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)
JR西、津波にそなえ紀勢線全線運行見合わせ(読売新聞)
出口眞浩
posted by 代田の店長 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。